セフレ・割り切り関係の作り方、出会い系アプリの効果をご紹介します

MENU

セフレとは

 

セフレとはセックスフレンドの略称で、別名「割り切り関係」と言ったりもします。

 

現在、女性の5人に1人はセフレがいると言われており、女子が5、6人で女子会を開きHなトークになると「実は・・・」となる女性が1、2人いるということも珍しくないのだとか。
このような背景には「ネットの普及によって、出会い方が変わってきている」現状があります。

 

出会い系アプリや婚活サイトでは圧倒的に男性の需要に対して女性の利用者が少なく、女性は常に男性を選ぶ事ができ、彼氏やセフレ相手を見つけやすいのです

 

セフレはもはや「常識」

 

びっくりする女子バナー

セフレ・不倫・浮気等は性に於ける「タブー」として扱われてきました。

 

確かにこれらは法律上・貞操観念上許されない行為なのかもしれませんが、不倫を題材にした「昼顔」が大ヒットし社会現象を巻き起こしたり、度重なる芸能人の不倫ニュースを目にしたりと、これら「タブー」とされてきた事柄が常と化してきており、女性と男性の間では貞操観念に相当な温度差がある事が推察されます。

 

以前に比べかなり改善された女性の待遇ですが、女性は長年男性から虐げられてきた歴史があり、差別は世界中で今も根強く残っています。
不倫ニュースにおいても、女性側ばかりが強く非難され、お笑い芸人や落語家の不倫ニュースは笑って済ませれているのが実情です。

 

女性がどんどん肉食化し、セフレが常識化していく事によって初めて男女平等が現実のものとなるのかもしれません

 

なぜセフレを作るのか

悪い言い方をしてしまえば、男性にとってセフレは「性の捌け口」です。
それでも、女性に取って「必要とされたい」「快楽を得たい」という本能は抑えられるものではないでしょう。

 

結婚によって安住の地を手に入れても、ほとんどの夫婦はお互いに男や女として見れなくなっていってしまい、セックスレスに陥ってしまう事やコミュニケーションが減少して行ってしまう事はごくごく一般的な事と言え、愛を囁き合う事など年々減っていくばかりです。

 

ある心理学者の話では、「人が人を愛せる期間の限界は4年」との見解を示しており、結婚前と結婚後での大きなギャップにショックを受ける女性も少なくありません。

 

女性は自身の「価値」を見出したいのだと考えます。

 

夫や彼氏から女性の扱いを受け無くなってしまったらこれほど悲しい事はありません。
まだ自分に価値がある事を確かめるために、このように不倫・セフレに走ってしまうのでしょう。

 

家庭・恋人との切り分け

ストレス解消法は人それぞれです。
食べて発散する人もいれば、スポーツで発散する人、ギャンブルで発散する人等、多種多様です。
もちろんセックスも例外ではありません。

 

「夫に相手にしてもらえない」「彼氏に満足出来ない」といったようにセフレを作る目的は人それぞれですが、セフレとの関係は家庭・私生活・仕事全てを切り分けた上で割り切って会える点でお互いに楽でストレスにならないのでしょう。

 

お互いの本名を知らない、といった事も珍しい話ではありません。

 

いつもよりも過激なセックスを楽しめる

 

割り切った関係は、お互い「いつ切れても仕方ない」という気持ちがあります。
その事で、セックスはより過激になっていき、思いもよらない淫乱なセックスに発展する事も珍しくありません。

 

夫や彼氏又は妻や彼女と普段は出来無いあんな事やこんな事も出来てしまうのがセフレとのセックスの特徴です。
セフレとの密会は月に1~2回程度が一般的です。

 

普段会えない人との相見・ホテルという特別な空間・私生活とは全く別の世界という特別なシチュエーションに、当然心も体もより燃えてしまいます。
中には普段は使えない媚薬などを利用しているという方もいます。

 

 

既婚者はNG?

出会い系アプリや掲示板を見ると、「既婚者NG・既婚者×」「未婚者のみ」等の書き込みやプロフィールを良く目にします。

 

女性側からしてみれば、都合の良い関係でいたいのに相手の奥さんが万が一介入してくるというリスクは負いたくないもので、当然と言えば当然の事でしょう。
もちろん、既婚者でもOKという方とお付き合いが出来れば良いのですが、中々そうはいきません。
セフレの存在がバレたら、状況によっては修羅場になる可能性もあり、相手を見極めて関係を持ちましょう。

セフレの存在がバレたら?

 

既婚は隠した方がいいのか?

 

お断り

割り切った関係の良い所はお互いに私生活に干渉せずに関係を続けられる事です。
しかし、少しでも長く関係を続けたいのであれば、嘘は決して付かない方が良いでしょう。
後から既婚者とバレる程、ダメージは大きくなります。

 

既婚者NGの方は避け、出来るだけ「既婚者OK」の方を根気強く探しましょう。

 

素直な気持ちと現状を正直にぶつかっていけば、きっと気の合うパートナーが見つかるはずです。
相手を騙すことだけは絶対にしてはいけません。

 

本気で好きになってしまったら

 

セックスをする男女

 

セフレには基本的に「本命」と呼ばれる、夫や妻・彼氏や彼女がいます。
しかし、体の関係を続けていく上で、本気の恋愛関係に発展していってしまう事も当然よくあります。

 

両方が同じ気持ちであれば現在のパートナーと別れ、正式に恋人という形でお付き合いすればよいのですが、中々そうはいかず、いずれか一方が割り切った関係でいたい、となれば当然現在の状況を続けるか、関係を終えるしかありません。

 

相手の事を本気で好きになってしまったとしても、決して焦らずじっくりとコミュニケーションを重ね、機を見て話してみましょう。
いきなり「今の相手とは別れて俺と付き合ってくれ!!」なんて言ってしまっては相手は困惑してしまいます。

 

セフレを探すならアプリがお奨め

 

ひと昔前まで、セフレはテレクラやデートクラブ、出会い系サイト等を通じて出会うのが一般的でしたが、現在はスマートフォンが普及し、若い女性・男性は専ら出会い系アプリを用いています。

 

出会い系アプリは数多くあり、中には「サクラ」を多用したり、高額な料金を請求したりしてくる悪質業者も存在しています。
アプリでセフレを探すの際は、信頼の出来る出会い系アプリのみを利用するよう心掛けましょう。

 

出会い系の年齢層は20代~50代まで万遍なく存在し、きっとアナタに合う相手が見つかるでしょう。

 

実際に会う時の心構え

 

欲望が募る女性

女性・男性に通じて言える事ではありますが、特に清潔感を大事にしましょう。
これから体の関係を重ねていくのですから、不潔な人と一夜を共にする事は誰だって抵抗があります。

 

当然、オシャレにも気を配りましょう。
顔が好みかどうか、はもちろんパートナーを選ぶ上で大切なポイントですが、最も重要なのは「相手への気配り」です。

 

男性は常にレディーファーストを心掛け、デート代・ホテル代は極力払うようにしましょう。
女性にもよりますが、これらを出して貰えるのは「女性として見られている」と感じ、非常に嬉しいものです。

 

女性側も、素直に「ありがとう」という気持ちを伝えましょう。

 

お互いが尊重し合う事で、きっといい関係を築けるはずです