修羅場だけではすまされない。セフレの存在がバレたときの対処法を解説します。

MENU

セフレの存在がバレたら?

楽しいセフレとの関係が、一瞬にして修羅場に変わる時があります。
それが本命の彼女や妻にセフレの存在がバレてしまった場合です。

 

このような状況になるとほとんどのケースで面倒な状況に追い込まれてしまいます。
後々の人生が大きく変わってしまうこともあるので、セフレがバレた時の対応策を覚えておきましょう。

 

セフレを認めて許してもらう

スタンダートな対応方法はセフレの存在を素直に謝罪することです。
言い訳せずに謝罪して、今後は浮気をしないと約束するのが効果的でしょう。
下手にセフレの存在を隠そうとしても火に油を注ぐ結果になってしまいます。
ある程度の確信を持っているケースが多いので言い訳は厳禁だと心掛けておいてください。

 

本命彼女と別れたくないなら改めて愛情を告白するのも良いです。
女性は肉体的な浮気では無く精神的な浮気を許さない傾向にあります。

 

愛情を持っているのは本命の彼女だと訴えかけることで許してもらう可能性が出て来ます。
一夜限りの関係だったと説明し、あくまでも気の迷いだと理解を促すのも1つの手段です。

 

セフレの存在を隠し通す

セフレの存在を誤魔化す男性

LINEやメール、写真などで決定的な証拠を握られていないのであれば隠し通すのも良いでしょう。
既婚者の場合は離婚や高額の慰謝料という問題に発展するので隠し通せるものなら隠し通したいものです。
 
相手の女性に迷惑を掛けてしまうケースもあるので誤魔化すのが有効です。

 

とは言え、会話で疑いを晴らすのは至難の業です。

 

そこで利用したいのがアリバイ工作です。
友人にアリバイの証言をしてもらうのも良いですし、時には専門の業者に相談するのもありです。
アリバイ工作を行う専門のサービスがあり、証拠写真やレシートを偽造してくれます。

 

少々強引な手段でもありますが、存在がバレても無理やり隠し通すことは出来るのです。
何にせよ、セフレの存在がバレたら一刻も早い対処をしなければなりません。

 

時間が経てば経つほど言い訳に説得力が無くなり、修羅場を乗り越える確率が下がります。
事前にバレた時の状況をシミュレートしておくのも良いかもしれません。

 

またセフレの存在がバレないよう普段から気をつけることも大切です。

>>セフレを秘密にする方法