セフレ関係をやめられない…そんな男性のための脱セフレ法

MENU

セフレから抜け出す方法

恋人を作る

恋人

今の関係から抜き出したいと思いつつも、いつでもセックスできるおいしい状況を捨てるには惜しいそれがセフレ関係からなかなか抜け出せない理由です。

 

そこで、そんなおいしい状況でも捨てざるを得ない環境を自ら作ることで、セフレから抜け出せます

 

それはズバリ、恋人を作ることです。

 

魅力的な女性と出会い、その女性と付き合いたいと願うようになれば、セフレ関係の清算を考えられるようになります。

 

これは理屈としてはタバコの禁煙と全く同じです。

 

身体に悪いと分かっていても、吸いたい欲求に負けて結局吸ってしまいます。
だったら吸えない環境を用意して、禁煙せざるを得ない状況にすればいいのです。

 

セフレもこれと同様、セフレがいてはいけない状況を作りあげればいいのです。

 

 

恋人とのセックスを見つめ直す

恋人がいるのにも関わらず、セフレがいるという男性もいます。

 

最も、当人はこのパターンの方が罪悪感があるでしょうし、罪悪感ゆえにセフレ関係を抜け出したいと考えているのでしょう。

 

この場合の有効な脱却策は、恋人とのセックスを見直すことです。

 

そもそもセフレを作ったのは、恋人とのセックスの不満がきっかけになっているパターンが大半ですから、恋人とのセックスに不満がなくなれば、心おきなくセフレ関係を抜け出せます

 

やってみたい行為、セックスの頻度など、言いたくても言えなかったセックスへの要望を、素直に恋人に話してみてください。

 

これで恋人が納得して受け入れてくれれば、セフレとのセックスは不要になります。

 

 

今回は男性視点で説明してきましたが、これは女性の場合も同じ方法が使えます

 

また、方法と言うほど大掛かりなものではないですが、オナニーで発散するのも効果的です。オナニーは自分の性欲を発散するために行うものですし、自制心に深く関わっています。

 

いけないと分かりつつもセックスをしたい欲求に覆われたら、オナニーしてそれを発散させることで、セフレとの接触を断ち切ることができます。